マイカーを利用してスキーツアーに行くときの確認事項

admin

スキー場駐車場の確認をすること

マイカーを利用してのスキーツアーは、スキー用具一式を車に入れて行けるので、現地に行ってからの時間節約になります。レンタルの場合は、スキー靴が合わなければ何度も履き替えることになり面倒になるので、ゲレンデと駐車場の位置を良く確認をしておくことです。車を停める駐車場で、滑るための準備を行うためスキー靴を履くことになります。スキー靴を履いてゲレンデまで距離があれば、歩いていくには困難で、大変な事態になります。

宿泊所とスキー場の距離を確認

宿泊を伴うスキーツアーであれば、宿泊先とスキー場の距離を確認しておくことです。冬の雪山は天気がいつ崩れるかわかりません。午前中は晴れていても、午後には猛吹雪になるもしれません。常に、天候に注意して楽しむ必要があるのです。ゲレンデと宿泊先が車で10分以内であれば、いざという時に歩いてでも宿に行くことができますが、30分も離れておれば、吹雪いてくると早めに切り上げて宿に向かわなければなりません。道路は吹雪になると前は見えなくなるのです。

往復の交通量の確認を忘れないこと

人気のあるスキー場は、最盛期には多くのツアー客が来ます。マイカーでスキーツアーを楽しもうと考える人は、目的が同じですから、行動パターンも似たようになるのは仕方がありません。スキー場までの交通網は、一つだけでなく何通りかのシュミレーションが必要です。また、往路と同じ道が復路になるとは限りません。交通量が多くなると、小さな事故でより渋滞もおきます。ナビゲーションだけでなく、道路地図や簡易トイレなども持参しておくと良いでしょう。

旅行代理店で企画されるスノボツアーは多種多様の内容があります。交通からリフト食事代まで含んでいるものもあり、手軽にスノーボードに行くことができます。